セミオーダーの犬用車椅子(犬の車椅子)・歩行器専門店の「はな工房」

メニュー

メールでのお問い合わせ

物作りのプロが、ワンちゃんの快適性を一番に考えて開発した犬用車椅子です

ブログ

幸せな北海道のラブラドールレトリーバー、ベルちゃん

2017年11月29日 20:13

カテゴリー: 日々のできごと お知らせ レンタル 犬の車椅子 ラブラドールレトリーバー 大型犬 新着情報

今日は幸せな北海道のラブラドールレトリーバー、ベルちゃんのご紹介をさせて頂きます。

 

レンタルのご依頼を頂き、冬の北海道でも元気にお散歩を楽しんでおられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルちゃんは15歳という年齢で、人間に例えると110歳というご長寿です。

 

老化が進み車椅子に乗る事も難しくなり、この度車椅子をご返却されました。

 

レンタルをご利用のわんちゃんは天国へ旅立った事で短期間でご返却される事も多く、亡くなったわんちゃんの事をお電話でお話させて頂くと、飼い主様の悲しみが伝わってきて心が沈んでしまう事も少なくありません。

 

ベルちゃんの車椅子にはお手紙が添えられており「食欲もあり元気です」との事で、少しホッとしました。

 

飼い主様からは、とても有難いメールも頂きましたので、ご紹介をさせて頂きます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

~飼い主様より~

 

お世話になりました。

 

無事、車椅子が届き安心しました。

 

昨年の暮れは一人でどうなるかと涙、涙でしたが…ご親切に相談にのって頂き、はな工房さんの車椅子を使って本当に良かったです。

 

こちらこそ感謝、感謝です。

 

歩けなくなったわんちゃの為にどうか、ご尽力下さいませ、丈夫で使いやすく最高の車椅子です。

 

有難うございました。

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

以前、ベルちゃんの飼い主様とお話をさせて頂いていた時に、ベルちゃんがとても愛されている事が伝わってまいりました。

 

ベルちゃんの後ろ足が弱くなれば車椅子を準備され、北海道の厳しい冬時期であってもベルちゃんの大好きなお散歩へ連れて行ってあげたりと、深い愛情がなければ出来る事ではありません。

 

車椅子に乗れなくなると、どんどんと筋力が低下してまいりますので介護も大変になります。

 

残念ながら世話が大変になると捨てられてしまうペットがいますが、ベルちゃんは最期まで飼い主様の愛情に包まれて過ごすのでしょう。

 

これからも穏やかな日々をお過ごしくださいませ。

 

 

ペットを飼うときは、十数年後の介護の事まで考える事はなかなか難しい事だと思います。

 

犬種によって性格や毛の性質も違いますので、その場の感情に流されずに十分に検討をしてから、家族として迎えられるのがよろしいかと思います

 

 

ここで「犬の十戒」をご紹介をさせて頂きます。

 

①私の寿命は、10年。長ければ15年。

何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。

私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。

 

 

②あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで少し時間をください。

 

 

③私を信頼して下さい……それが何より嬉しいのです。

 

 

④私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

あなたには仕事や楽しみもあるし友達もいるけれど、私には….あなたしかいないのです。

 

 

⑤時には私に話しかけて下さい。

たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。

 

 

⑥私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。

あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

 

 

⑦私を叩く前に思い出して下さい。

私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、決してあなたを噛まないようにしているということを。

 

 

⑧言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前にそうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。

ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか

太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか

老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

 

 

⑨私が年老いても、どうか世話をして下さい。

私達はお互いに、同じように歳をとるのです。

 

 

⑩最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。

「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とかそんなこと、言わないでほしい。

あなたがそばにいてくれるなら、私は、どんなことも安らかに受け入れます。

そして、どうぞ忘れないで。

私がいつまでもあなたを愛していることを。

 

 

 

素敵な十戒ですね。

 

感動と共に我が家のわんちゃん達と過ごせる時間も限られている事を気づかされ、もっともっと接する時間を増やしたいと思いました。

 

ペットは癒しや元気を与えてくれる天使の様な存在です。

 

とても大切な家族ですね。

メニュー このページのトップへ