セミオーダーの犬用車椅子(犬の車椅子)・歩行器専門店の「はな工房」

メニュー

メールでのお問い合わせ

物作りのプロが、ワンちゃんの快適性を一番に考えて開発した犬用車椅子です

ブログ

鈴鹿市にある森動物病院の院長先生から、嬉しいお言葉を頂きました♪

2015年12月27日 23:22

カテゴリー: 犬の車椅子 ウェルシュコーギー 中型犬

三重県のコーギー犬 ジュディちゃんの犬用車椅子をお選び頂きました、鈴鹿市にある森動物病院の水谷院長様より、嬉しいお言葉を頂きました♪

    ↓

森動物病院様

 

IMG_1852

 

 

水谷院長様にご了承頂きましたので、ご紹介させて頂きます♪

 

///////////////////////////////////////////////////////////////

 

~森動物病院 水谷院長様より~

 

この度は、ジュディちゃんの車イス作成からアフターフォローまで、丁寧な仕事 をして頂き、感謝しております。

 

今までの車イスでは、後輪が小さく、後肢の位置にあるので、「橋」のような状 態となり、前肢と胴体部分に過度の負担がかかっていました。

 

そのせいで、推進力が得られないことがあり、よほど活発な子でないと、せっかく車イスを購入されてもお散歩できないケースがありました。

 

はな工房さんの車イスは本当に良い製品です。

 

運動学的な理に適っており、推進力が得られます。

 

ご存知の通り、最近ではコーギーの子で、変性性脊髄症(DM)という遺伝性疾患 の発生率が増加しております。

 

最初は後肢の麻痺から始まるのですが、ゆっくりと前肢の麻痺が始まり、数年で 亡くなってしまう病です。

 

有効な治療法がなく、外科手術も内科治療も無意味です。

 

ですが、せめてその数年間、少しでも長い時間、散歩をさせてあげたいです。

 

この病気に関しては、私たち獣医師ではなく、阿蘇様のような技術者の方の支え が第一に必要な病気です。

 

これからもどうぞご尽力下さい。

 

微力ながら応援させて頂きます。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

長年、製造業向けの設計・製作のお仕事をさせて頂いておりますので、我が家のコーギー犬のはなちゃんが歩けなくなってしまった時に、「世の中で一番良い犬の車椅子を作ってあげたい」と思い、開発した車椅子です

 

はなちゃんが車椅子を使用している三年間に改良を進めて、自信を持ってお勧め出来る車椅子が完成しました。

 

はな工房の車椅子を、動物医療のプロフェッショナルである動物病院の院長先生に、この様なお言葉を頂ける事は非常に嬉しく思います。

 

はな工房をお選び頂き、ありがとうございます。

 

感謝致します。

メニュー このページのトップへ