はな工房の小型犬用車椅子について

メニュー

メールでのお問い合わせ

物作りのプロが、ワンちゃんの快適性を一番に考えて開発した犬用車椅子です

小型犬用車椅子

  • HOME
  • >
  • 小型犬用車椅子

対象犬種

  • ホワイトテリア

  • ミニチュアシュナウザー

  • シーズー

  • トイプードル

  • ポメラニアン

はな工房の小型犬用車椅子の特徴

はな工房の小型犬用車椅子は、チワワ、ヨークシャテリア、トイ・プードル、マルチーズ、パピヨンなどが対象となります。
小型犬は中型・大型犬に比べて、わんちゃんの持つ力が小さいため、車椅子本体の重量をさらに軽く設計しております。
※現在タイヤのホイールの色は可愛い赤色の仕様となっております。

ワンちゃんの対象サイズ

対象サイズ 背丈:23〜35cm 胴の巾:〜17cm未満
体重 6kg以下
対象犬種 チワワ、ヨークシャテリア、トイ・プードル、マルチーズ、パピヨンなど
納品まで 3日~
注意事項 対象サイズや体重は、あくまで参考値です。
対象サイズから外れている場合や、体重が適合しない場合でもご希望のワンちゃんに合わせたサイズで製作が可能です。
まずは、お気軽にご相談下さい。

小型犬用車椅子

59,000円(税別)

サイズを入力してくださいサイズの測り方
cm
cm
cm
cm
cm
cm
cm
cm
cm
kg
※はな工房の犬用車いすは、ベルトの色を赤と黒のどちらかをお選び頂けます。
ご注文時にお好みの色をお選び下さい
ベルトカラー

イメージ

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

ふるさとチョイス
※ふるさと納税で申し込み前に必ず「はな工房」TEL0585-45-0370まで、ご相談をお願い致します。

ご注文の流れ

STEP1
イメージ
ワンちゃんの
体のサイズをはかります
サイズの測り方
STEP2
イメージ
商品をカートに入れて
ご購入ください
購入する
STEP3
イメージ
ご購入後、ご注文内容確認のメールが届きます。
届いたメールを確認・必要事項を明記の上ご返信ください。
STEP4
イメージ
製作に3日~ほどお時間を頂戴致します

はな工房の車椅子を購入された飼い主さんの感想

スイスイ動いて小回り効いて本当に有難いです。ミニチュアピンシャー 愛知県 

車椅子を2月に製作していただいた時はまだ歩けていましたので御守りのつもりでおりました。

初めて工房にお邪魔した時、あまり語らずあまり笑わず、気取らず職人的オーラが主人にそっくりで嬉しく感じました。

この方なら大丈夫!と直ぐに製作当日持ち帰りでお願い致しました。

当初持ち帰ったもののタンスの肥やし状態でした…

しかし3月中半に肺炎と肺水腫のWパンチ安静を保つ為緩く麻酔をかけたまま三日間眠らせ酸素吸入で呼吸管理をし何とか命を繋ぎましたが目覚めた時には全く歩けないどころか、首さえ支えられない程衰弱していました。

変わり果てた自分をうけいれられないBOBは悲しげに真夜中まで泣き続け私達家族も突然過ぎる介護に右往左往の日々…
そんな時車椅子を思い出して乗れるかなぁ…って心配しましたが数分後には悲しげな鳴き声はなく満足げな顔で立ってみせてくれました。

そしてその後直ぐに車椅子で歩き始めました。

あの時本当に嬉しかったです。

また歩ける!これって生きるそのものですから…。(^^;

今ではパラリンピック犬代表並みの歩行の速さです(笑)

この度、無事に19歳を迎えることが出来ましたがこの先たくさんの時間が残されていないことはわかっています。

だからこそ、今まで通りに近い状態に過ごさせてあげたい!

その一番が車椅子…。

はな工房さんの車椅子スイスイ動いて小回り効いて本当に有難いです。

これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

ミニチュアピンシャー 愛知県 

みるみる内に表情が変わっていき生き生きとするようになったのです。チワワとポメラニアンのミックス犬 埼玉県 

マロンは現在12歳です。

お散歩が大好きな子でした。

12歳になり、ある日病魔が襲いかかり一ヶ月位で突然歩く事ができなくなりました。

病名は先天性環軸亜脱臼から併発し、頸椎ヘルニア、門脈シャントによる脳神経麻痺症状という、次々と病名がでてきたのです。

三ヶ月の間で一気に病気が発症し、どんどん症状は悪化していきました。

私達人間は病院の先生に説明され納得する事ができますが、動物には何故、自分が突然歩けなくなったのか分かりません。

マロンはパニックになり、夜も眠らず、狂ったように吠えつづけ、強い薬で寝かせる毎日が続きました。

薬漬けの日々でした。

それでも、目が覚めると、パニック、転んで目も失明しかけ、頭をぶつけて、怪我をしてしまう。

眠らせなければ、こっちまでパニックなる日々が続きました。

そんな状況が半年近く続きました。マロンは自分は歩けなくなったのだと理解してきたのか、それ程吠えなくなりました。

その代わり、足をバダバタさせながらなんともいえない悲しい声で泣くようになり目はうつろで極端に言うと。魚の死んだような目をしていました。

マロンは生きているけど、生きた心地はしていなかったんだと思います。

先生に相談すると、安楽死の話もされました。

それは、絶対にできないと思いました。

何とかもう一度動けるようにしてあげたいと思い、何か良い方法はないか、日々考える日でした。

この子は特殊な病気を抱えている為、ハーネスなどで支えるだけでは上手くいきませんでした。

そんな中、色々と調べたりしている中で、はな工房さんの車椅子が目にとまりました。

もしかしたらもしかするかもと思い、はな工房さんに連絡を取らせて頂き、レンタルも可能との事で試してみる事にしました。

この事がマロンにとって転機となりました。

車椅子が来てからは夜も薬を使わずに寝るようになり、悲しい声を出す事は無くなりました。

それどころか、みるみる内に表情が変わっていき生き生きとするようになったのです。

2、3ヶ月前までの事を思うと、こんな日がくるとは思ってもいませんでした。

車椅子!!想像以上でした!

長文になってしまい申し訳ありません。

マロンを極地から救い出してくれたはな工房さんにはマロンが車椅子にたどり着くまでの道のりを知っておいて頂きたいと思い、長文となってしまいましたが書かせて頂きました。

うちの子のように病気や何らかの原因で動けず苦しんでいる子達、またご心配され、悩んでいる家族の方々の為にうちの子が再び動けるという喜びと楽しみができる可能性があるのだという事を知ってもらいたいです。

皆様のお役に立つ事ができたら嬉しく思います。

これからも、マロンのように苦しんでいるワンちゃん達に光を与えていって下さい。

応援しております。

マロンは光を与えてもらい本当に救われました。

マロン共々心から感謝しています!!

本当にありがとうございます!!

チワワとポメラニアンのミックス犬 埼玉県 

飼い主さんの感想をもっと見る

アフターサービスについて
・製品の保証期間について ・修理・サイズ調整について詳しくはこちら

ワンちゃんのサイズの測り方

背丈A(首輪の位置からお尻まで)
背丈B(首輪の位置からバストまで)
首周り
前足の長さ
後ろ足の長さ(足の付け根から曲げた肉球まで)
太もも回り(付け根の一番太い所)
前足と後足の間の距離
背までの高さ
胴の幅
体重
ご注文

その他のサイズはこちらから

メニュー このページのトップへ