オーダーメイドの犬用車椅子(犬の車椅子)・歩行器専門店の「はな工房」

メニュー

メールでのお問い合わせ

物作りのプロが、ワンちゃんの快適性を一番に考えて開発した犬用車椅子です

ブログ

埼玉県の柴犬 まめたちゃんのお話です。

2019年10月18日 20:19

カテゴリー: 日々のできごと レンタル 犬の車椅子 柴犬 中型犬 新着情報

埼玉県の柴犬 まめたちゃんのお話です。

 

先日、高齢犬に多いクルクルと回る症状があるため、レンタルのご依頼を頂き、まめたちゃんの車椅子を製作させて頂きました。

 

組み立てに入る直前に、まめたちゃんの体調が悪くなり、製作を中止しました。

 

通院し、その後にまめたちゃんの体調が回復しはじめ、支えてあげるとクルクルと回り、動きたそうにしているため、製作のご依頼を頂きました。

 

既に部品の準備が完了しておりましたので、その日に発送をさせて頂きました。

 

しかし出荷した日の夜に、まめたちゃんは旅立たれました。

 

まめたちゃんが車椅子に乗る事が出来なかったため、羊毛フェルトで出来たオーダーメイドのミニまめたちゃんが車椅子に乗ったお写真を頂きました。

 

 

 

 

 

その後に飼い主様が、はな工房のブログを見ると、最近ご紹介させて頂いたラブラドールレトリーバー ちょ子ちゃんの記事を読み、ちょ子ちゃんの飼い主様がミニまめたちゃんを製作された事に気が付かれました。

 

 

ミニまめたちゃんは、まめたちゃんそっくりに丁寧に製作をされております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしいクオリティですね。

 

飼い主様とのメールのやり取りが続き、ミニまめたちゃんが車椅子に乗ったメールを頂いたのは12日で、お互いに台風19号の心配をしている時でした。

 

はな工房は台風の被害はなかったのですが、まめたちゃんの飼い主様のご自宅が床上浸水となり、救命ボートで救助され避難する事になってしまいました。

 

レンタルのご依頼を頂くわんちゃんは、ほとんどが高齢ですので、天国に旅立たれるお話は少なくありません。

 

我が家の旅立ったコーギー はなちゃんを含め、旅立つわんちゃんはタイミングを選んでいる様です。

 

ご自宅が床上浸水となる二日前に、まめたちゃんが旅立ったのも、タイミングを選んだのではないでしょうか。

 

わんちゃんは、本当に家族想いの愛情深い家族ですね。

メニュー このページのトップへ